私がグルコサミン効果に依存する理由!

グルコサミンに関しては効くか効かないか効果に関する議論がネット上でも盛んです。もともとグルコサミンは医薬品ではなくサプリメントです。効く効かないではなく食品としての栄養成分が健康によい効果をもたらすかどうかだと思います。自分がやむにやまれぬ事情でグルコサミンを飲み始め、実際どうだったかを体験としてまとめました。

自分の体で感じるグルコサミン効果。

グルコサミンの効果について疑問に思っていらっしゃる方があまりにも多く感じましたので、私がグルコサミンを健康食品として飲み続けている理由をお伝えできればうれしく思います。

・私の場合グルコサミンはもとより、健康食品は全く信用していない無神論者(ちょっと意味合いが違いますが)です。家族はサプリメント大好きですからブルーベリーアイからアキスタサンチン、スピルナ酵素、すっぽんコラーゲン、黒酢三撰、カルシウムMg、アホエン、DHCコラーゲン、マルチビタミン、ニュートリビフィズ、ココカラケアC-23ガゼリ菌、ビオマイン枯草菌、バージョングルコ、ホワイトC等々今見渡しただけでもこれだけあります。これまでいくらすすめられようが全く服用しませんでした。医薬品でもないのに効果があるはずがないと思っていました。

グルコサミンの効果があったのかそれとも無かったのか、それは本人である私にもわかりません。でも健康食品嫌いで通してきた私が几帳面にグルコサミンを毎朝飲んでから出勤しています。美味しいから飲んでいるわけではなく、グルコサミンを止めるのが恐いと言うところが本当の気持ちです。それほど私の変形性膝関節症は痛みがきつかったし整形外科の先生の話にも失望したのです。

グルコサミンに救われた効果体験記。

今、私は毎朝オリヒロのグルコサミンを10錠とカルピスのココカラケアC-23ガゼリ菌を2錠飲んでいます。昨年の一月頃から飲み始めてほぼ1年です。

出張の時は大正グルコサミン(コンドロイチン&コラーゲン)の小袋入りをもっていきます。錠剤にそれぞれ特色があり飲みやすいかそうでないかは個人の好みだと思います。水と一緒に飲みこんでしまいますから味はあまり関係しません。まだ噛み砕いて味を確認したことはありません。

オリヒロのグルコサミンは粉っぽいですがやや小粒ですので飲みやすいのですが、飲み損ねて口内に残ることがあります。大正グルコサミンは小袋に小分けされて9錠入りなので粒が少々大きいですが、表面がコーティングされているようでつるっとしています。

・グルコサミン軟骨
整形外科医いわく、すり減った軟骨は元に戻らない、治療法はヒアルロン酸関節注射だけと言われました。いつ治まるかしれない膝関節の痛みを昼も夜も抱えて、まるで不治の病を得たようなお先真っ暗気分でした。整形外科医が見放す中で効果があるかどうかは別にして神頼み、グルコサミン頼みになるのも無理ないところです。

・十数年前右ひざを痛めたことがあります。手押し型の(乗用でない)田植え機を朝の4時半から夕方の6時まで押し続けた結果の過重労働による関節炎です。一週間ほど階段の上がり降りに激痛が走り、手すりにすがりなら移動していました。

・その後右膝関節が痛み出し、通勤もままならなくなり整形外科を受診しました。
膝が痛いのに背骨のあたりのレントゲンを撮り坐骨神経痛という診断でした。医者が言うには、これは治りませんとのこと、治療らしい治療もなくロキソニンを処方されただけでした。今思えばその時誤診だったと思います。

・その2年後、坐骨神経痛再発?と自分で思って耐えていたのですが、膝の痛みはひどくなるばかりでどうにも耐えられなくなり別の整形外科を受診、今度は膝のレントゲンを撮り、診断は変形性膝関節症とのこと。医師いわく軟骨は再生しないので治りませんとの説明。とにかく痛くて歩くのも大変、痛みで夜も寝られないので何とかと言うと、ヒアルロン酸の関節注射を一週間おきに5セットと経皮鎮痛剤(湿布薬)を処方されました。これはしばらくの間、効果を感じました。

しかし痛みの根本治療にはなりませんでした。整形外科医から軟骨は治らないと言われ、このままだと手術でもしないと痛みを抱えて生きていくのかと暗澹となりました。仕事が続けられるかどうかの瀬戸際です。家計にお金がかかるときに入院したり失職するわけにはいきません。切羽詰まったとはこういう状況を指すのでしょうが、厳しいことになりました。

・整形外科で打ってもらったヒアルロン酸の注射は翌日から痛みの緩和効果があり助かったと思いました。関節注射は痛いですが痛みが少しでも緩和されるならこんなありがたいことはないという思いでした。そのころ痛みがひどくてロキソニンが効かないところまできていたので、一条の光明のように感じたことでした。

グルコサミンが止められない本当の理由。

・実際、仕事ができなければ生活に困るしローンも払えないから、痛くてもなんでも通勤するしかないというのが宮仕えサラリーマンの宿命です。駅までの歩き、駅から会社までの歩き、これまで健康維持に一日10,000歩が自慢でしたが、その時は苦痛以外の何物でもありませんでした。膝が痛いから会社を休みますとは、うかつに言えないのが中小企業です。

・階段がつらく、特に階段を降りるときが膝の負担がかかるのか激痛がはしります。極力エレベーターやエスカレーターを使い、駅からはバス利用に切り替えましたがさらに通勤が困難になりました。100メートル歩けば休憩、痛みが治まればまた歩くの繰り返しです。

・グルコサミン駅の階段
当時は駅の階段を降りるのが怖いのです。遠回りしてもエスカレーターを利用してしまうと余計に時間がかかります。電車に乗り遅れまいと足早に歩くと膝に負担がかかり痛みがひどくなるという悪循環の繰り返しです。痛み止めで飲んでいる頼みのロキソニンの効き目が日に日になくなくなっていく有様です。

・これはやばい、会社勤務が続けられなくなるという危機感が現実のものとなってきました。会社のトイレは今どき和式で、痛みで膝を曲げられないので足を延ばしたままだと、はいているトイレスリッパが個室の外にはみ出す始末です。

 

何しろ中途半端な社員とは言えストレスが多いサラリーマンですからIBS(過敏性大腸症候群)もあり緊急にトイレに駆け込むにも苦痛ばかり。

少なくとも藁をもすがる身の上には、効果があるかどうかではなく今痛みがないことがすべてです。グルコサミンを飲み始めてしばらくすると痛みが軽減、そんなに早く効果が出るわけないと思いつつ、グルコサミンを1瓶飲み終えたころには用心しながらも通勤が普通にできるようになりました。今は3瓶目でまだ不安はありますがほぼ痛みなく通勤できるようになりました。そういうタイミングでグルコサミンに頼ったものですから、グルコサミンをやめるのは正直、恐怖に近いものがあります。

私の母親はコンドロイチンを終生愛飲、股間節置換術を受けて以来、欠かさず続けてきましたが、今にしてその気持ちがわかります。

グルコサミンを飲むことで、痛みがないことがこんなに快適で落ち着くのは何とも感謝です。直接的な効果かどうかそんなことは誰にもわかりません。このまま痛みが治まれば、そのことが何より有り難いのです。家計にとれば高いサプリメントですが旅行や出張の時も手放せなくなりました。

実は家内も同じ時期に変形性膝関節症と診断されています。違う整形外科ですがヒアルロン酸注射を1回打ってもらってよくなりました。あっさり治る人もいるようです。もちろんグルコサミンを飲まずに栄養剤ドリンクばかり飲んでいます。

・患者側からすれば変形性膝関節症でも何でも良いけど痛みがなくなる日が来るのか、どうすれば普通に歩けるのかが知りたいのです。痛みがなくなれば軟骨がすり減っていようが、どうでもいいのです。治るということは痛みがなくなり元のように歩けることです。軟骨は再生しませんというような不治の病のような診断は必死の患者には誤解の元です。

・グルコサミンのおかげ
今では園芸用の脚立を登って松の芽摘みができるようになりました。以前のように法事の時なども短時間ですが普通に正座ができるようになり、おかげで脚を組むこともできるようになりました。健康の有り難さは病気になって初めてわかります。痛くなった経験もないのに予防でグルコサミンを飲むことはできませんけど、再発予防なら無精者でも美味しくないグルコサミンを飲み続けられます。不思議ですね。脳に一度効果がインプットされるとグルサミンを飲むことは習慣化し忘れなくなります。

グルコサミンに関する基礎情報

・グルコサミンを毎朝10錠というのは正直ボリュームがあります。オリヒロ社は10錠、粉っぽい錠剤、大正製薬社は9錠、粒が大きめ、表面が滑らかですが私にはのどに引っかかるので飲みにくいということがあります。少々飲みにくいのはどこの会社も同じことでしょう。食品とはいうもののグルコサミンが美味しいから飲むわけではないので栄養補助食品として考えれば、今は高くなりましたがウナギを食べてスタミナをつけるような感覚に似ています。

・グルコサミン飲み方
大粒の場合は分けて飲む、舌の奥ではなく手前に乗せて水と一緒に飲みこむとう
まく飲めます。グルコサミンの錠剤には粉っぽいものやコーティングしてあるものもあり、手が汚れたり、のどに引っかかって飲みにくい粒のものもあります。慣れるまでは飲み方に工夫がいるようです。

グルコサミン&ロキソニン:
変形性膝関節症になり、グルコサミンだけでなく痛みを一定時間抑制する効果があるロキソニンに感謝です。同時に胃薬のムコスタ錠にも世話になりました。ロキソニンは飲んだら30分ほどで効き始めますが、痛みがひどくなるとロキソニンンも効果が実感できなくなります。痛みがひどいときは鎮痛効果が感じられません。効いているのかどうかわからなくなり次第に服用間隔が短くなってきます。

グルコサミンの安全性に関する疑念

・グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸は健康食品としての経口摂取では効果がないと言われています。グルコサミンの効果についてはYahoo!知恵袋を読んでいても否定的意見が多くなっています。googleで検索し専門家の意見を調べましたが意見が分かれています。なおかつ多くの医師は効果なしと言い切っています。私の知る限り開業医はグルコミンの効果に対し基本的に否定派です。効果が証明されていない健康食品など最初から相手にしていません。うがった見方をすれば健康食品は町医者の商売敵なのかもしれません。

・グルコサミンサプリメント花盛り
サプリメント花盛りの時代です。その効果には否定的な見解や意見がWeb上にあふれています。確かに医薬品のように数々の治験とデータを積み上げその効能を検証しているわけではありません。また反治験に揉まれて安全性を確認されたものでも
ありません。販売する会社によっては一部の都合のよいデータや研究者や医者の検証されていない独自の見解をあたかも一般的な効果の証明のように演出しているケースも見かけます。元々美味しくない食品ですから効果が期待できなければ誰も飲みはしません。あたかも効果があるように演出するのは一つのプロモーション戦術ですね。

いかにも効果がありそうな広告があります。見る目と知識がなければ簡単に騙されてしまいそうなマーケティングがまかり通っていることも承知です。ただ体験的に言えば、自分の体にとって効果が実感できればそれはプラシーボ効果であろうが何であろうが問題はないということです。信じるものは救われるの例えではありませんが、耐え難い痛みから脱出するためには、わずかの効果可能性にかけて、できることはなんでもやってみるという心情です。サプリメントの効果がどうとか言っていられない厳しい事情が、ひたすら結果を求めているのです。

・グルコサミン自分の再現性はテスト。

グルコサミンが効くかどうか、効果を検証するために飲むのをやめてみたり、薬を変えてみたりは、痛みが治まっている間はなかなかできないものです。効果があってもなくても、自分の体だけでは再現性のテストはできません。どういう体質の人に効くのか、わかるものではありません。結局、効果を信じて飲むか、飲まないかの選択を自分で決めるほかないと思います。

・グルコサミンの効果を本音で語る。(関西弁でつぶやきました。)

<効果>
・グルコサミンはホンマに効くんかいな「効果」「効能」「根拠」「疑念」
・理屈はようわからん、効きそうなのがええ「有名メーカー」「効きそうなデザイン」はどのグルコサミンや。

<比較>
・グルコサミンはどれがええねんな「比較」「おすすめ」
・いろいろありすぎてようわからんは、ホンマ「選択」
・グルコサミンで安いのはどれや「価格」「購入」

<口コミ>
・グルコサミンを飲んだ人の感想を聞きたいわ「感想」「口コミ」
・人がええちゅうもんは試してみる

<飲み方>
・飲みにくいのはかなわんな「飲みやすさ」「飲み方」

<不安>
・グルコサミンを飲み続けても大丈夫でっか「安全性」「安全安心」「副作用」

<グルコサミンの本音>
・痛いのが治ったらそれでええねん「痛みからの解放」「改善」「実感」
・医者はもうあかん、こうなったら神頼みや「神頼み」「手術」「歩行障害」
・いまさら止めるわけにもいかんしな「理由」「継続」
・栄養剤といっしょや、効いたような気がするだけでも飲まんよりええやろ「気休め」

グルコサミン効果と「護王神社」のご利益

2017年6月2日、いよいよ膝の痛みが厳しくなると矢も楯もたまらず足を引きずりながら、足腰の神様で名高い「護王神社」へお参り。無神論者でもこういう時は真剣に手を合わせ、心より神様に快癒をお願いしていました。グルコサミンが効きますように、最後は本当に神頼みです。

大枚のお賽銭(千円)のおかげかもしれませんが、ご利益をいただきましたのでお礼参りに行かなくてはなりません。素直な気持ちで信心し感謝することが大事だと実感しています。